高級ブランドならではの”オーラ”

グッチキーケースの魅力について考えてみましょう。

もともと創業者、グッチオ・グッチ(Guccio Gucci)は皮革製品店を営んでいたことから、グッチの革製品の完成度には定評があります。

財布・バッグ・ベルト・トートバッグ・ポーチなど、手の込んだ皮革加工の技術には目を見張るモノがありますね。

グッチのキーケースも、例に漏れず素晴らしいです。
グッチのキーケースは、使えば使うほど手になじみ、愛着が生まれてきます。高級ブランドならではの”オーラ”は、何物にも代えがたいモノがあります。

バックや長財布、腕時計など高級ブランド品は、高価で贅沢品のようなイメージがありますが、長く愛着を持って使い込むなら決して高い買い物では無いと思います。

グッチは、修理して使い続けることを前提にしていますので、「一生モノ」と言っていいかもしれませんね。
グッチのキーケースは、おそらく数あるキーケースの中でも最高クラスだと思います。

ここまで言い切る理由は、実際にグッチキーケースを手にとって見てもらえば、簡単に納得してもらえるでしょう。

シマシリーズがおすすめです

グッチのキーケースは数あるキーケースの中でも特に人気が高いものです。
ナンバーワンといってもいいと思います。

グッチというブランドネームの高さ、そしてその名に恥じない材質やアフターケアの確かさから、安心して贈る事ができるプレゼントとして定番化しています。

そんな中、より高級志向のグッチのキーケースとしては、グッチシマシリーズがおすすめです。
イタリア語で最高級のグッチをあらわすとおり、ダブルGが刻印されたオールレザーの質感がとにかく見事で、所有することの喜びを実感できる逸品といっていいでしょう。

もともとグッチは1923年にイタリアのフィレンツェで創業された、革製品のメーカーでした。今では革以外の商品も扱う高級ファッションブランドとして知られていますが、もともと革製品で名を博したことから、レザー製品の品質には定評があり、キーケース以外でも財布、バッグ、ベルトが人気を集めています。

ところで、グッチのキーケースが偽物かどうかを判断するには、直営店に修理として持ち込むのが一番です。もし本物でない場合には、受け付けてくれませんのですぐに分かります。

ただキーケースは使っていけば、どうしても壊れるものです。そうなれば、修理を依頼せざるをえません。そんな時、激安店で買ったがために受け付けてもらえなかったら、とても悲しいことです。
長く使うのなら、できるだけ直営店で購入した方が、結果としてはお得になりますよ。

長く使い続けることができる品質

グッチのキーケースは、男性へのプレゼントとして高く支持されていますね。
それは、あまりに高い金額のプレゼントだと、贈る相手へ負担になってしまいがちですが、その点、価格帯と知名度のバランスがとれているのがいいところです。

そしてメンズ向けの定番デザインだけでなく、女性向けのかわいらしいデザインもしっかりと用意されているのが、グッチのキーケースの魅力です。

特に昨シーズンから登場したprincyは、中央に配置されたリボンがとてもいいアクセントになっていて、女性に大人気です。

それにしても、グッチのキーケース、品質のよさはわかっているけれど、できれば安く買いたいものです。
そんな時に便利なのが免税店。グッチの国内免税店が、ようやく、成田国際空港第2旅客ターミナルでオープンです。免税店では国内価格よりも2〜3割安く買えるので有効に活用したいところです。

そんなグッチのキーケースは、長く使い続けることができる品質を持ってはいますが、それは外側の皮の話です。内側のキーをつける金具の部分は、金属同士が常に触れ合いますから、使っていけば擦り減っていき、しまいには壊れます。

これは仕方のないことなので、そうなったら、直営店へ持参して修理を依頼するといいでしょう。

成田国際空港に、国内初となる免税店

グッチのキーケースは、つきあっている彼氏の趣味がまだよくわかっていない時のプレゼントとしても向いていますよ。
ブランドのネームバリュー、品質の確かさ、そしてもらって困らない実用品であることから、きっと喜んでくれることでしょう。

そして、グッチのキーケースは、カラーのラインナップが豊富なところも魅力です。
定番のブラック、ベージュ、ブラウンから、女性向けならピンクやホワイト、アイボリー、赤、紺と実に多彩です。
一点ものなどといわず気分で使い分けてもいいかもしれませんね。

そんなグッチのキーケースをできるだけ安く買いたいけど、ネットの通販やディスカウント店はちょっと不安、という人に朗報です。
日本にもようやく、グッチ国内初となる免税店が、成田国際空港第2旅客ターミナルにオープンすることになりました。
海外旅行のついでに賢く利用していきたいところです。

ところで、激安店などでグッチのキーケースを買うと本物かどうか不安になるものです。
グッチの商品にはコントロールカードというものがついてきます。これはいわゆるGカード(ギャランティーカード)のグッチ版です。

ただ、これがついているから本物とは言い切れません。コントロールカードだけ本物で、肝心の商品が偽物ということもあるからです。
不安な時は、専門家に鑑定してもらいましょう。

ちゃんと修理ケアをしてくれる

男性へのプレゼントだと何を贈ったらいいのか迷いがちですが、そんな時に便利なのがキーケース。

中でもグッチのキーケースは、知名度も高いですし、ユニセックスなデザインなので贈り物としてはずしがないところがいいところです。

ただ、グッチのキーケースは定番化されているがゆえに、目にする機会が多くなるのも事実です。
そんなとき、グッチの高級ラインであるグッチシマのキーケースです。

見てはっきりとわかる質感の高さで他よりもぐっと差別化することができることでしょう。

さて、グッチのキーケースをチェックするには、やはりネット通販の画像だけよりも生で皮の質感などを確認したいところです。
そんな時に便利なのが、グッチの直営店でも最大級の規模を誇る、グッチ銀座。
8階建てのビルすべてがグッチ尽くしということで、グッチ好きの人にはまるで聖地のようです。

そうして、使えば使うほど、なじんできて愛着がでてくるのがグッチのキーケースです。
ただ、中の金属部分は時間が経てば、擦り減ってきて、壊れてしまうのは避けれません。

でもそうなったときも、ちゃんと修理ケアをしてくれるのが、高級ブランドのいいところです。
そんな手間をかけながら、自分だけのキーケースに仕上げていってはいかがでしょうか。

コントロールカードという保証書

グッチのキーケースが彼氏へのプレゼントとしてとても人気があります。

高すぎず、安すぎないという、ちょうどいい価格帯でありながら、実用性の高いアイテムなところが人気の理由といえるでしょう。
車を新しく買ったというお祝いとしてもぴったりです。

グッチのキーケースで特筆すべきは、カラーラインナップがとにかく豊富なことです。
プレゼントとしては無難な黒、ベージュをはじめとして、自分買いするなら、ピンクやレッド、白や水色、アイボリーと、本当にいろいろあって目移りしてしまいます。

さて、グッチはいわずとしれたイタリアの高級ブランドですが、全世界の売上げでは、日本が2割を占めるまでになっています。
そして満をきして登場したのがグッチ銀座。ビル一棟すべてをグッチで占められています。

キーケースのラインナップも相当ありますから、それをまとめてチェックできるのはとても便利ですね。

さて、グッチのキーケースをはじめとしてグッチの商品を買うと、コントロールカードという保証書のようなものがついてきます。
ただ、これがあるから本物であり、安心とは言い切れません。
紙は簡単に偽造できるからです。

やはり一番安心なのは、直営店で買うことに尽きます。